鳥取県米子市で保健師の仕事を探しているという人や、これから探そうと考えている人もいるでしょう。そういった人の中には、米子市に保健師の仕事があるのかどうか不安に思っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、保健師の仕事にはどのようなものがあるのかや、米子市における保健師の求人状況について紹介していきます。

『保健師の求人を群馬で探すなら』

保健師とは

保健師とはそもそもどういった存在なのかですが、保健師は国家資格です。年1回実施される保健師国家試験に合格した者に与えられます。しかし、保健師は保健師の資格だけではなく看護師資格も同時に必要となります。保健師資格も看護師資格も試験の合格率は例年90%を超える高い数字になっています。

しかし、合格率が高いからといって難易度が低い訳ではなく、受験資格を満たすには指定された学校等で必要な学科を修める必要があります。保健師は公衆衛生活動を行う地域看護の専門家というイメージがありますが、それは「行政保健師」から来るイメージでしょう。

保健師の半数以上が行政保健師と言われており、市区町村の保健センターなどの行政機関に勤務します。しかし、保健師は行政保健師だけではなく企業などに勤務する「産業保健師」や、学校に勤務する「学校保健師」の3つに分けることが可能です。

保健師の職場

保健師の職場ですが、メインとなる行政保健師の場合では保健所や市区町村の保健センターになります。行政保健師は公務員として働くことになり、生まれたばかりの赤ちゃんから高齢者まで幅広い人を対象に地域の人々の健康をケアしていきます。

産業保健師は、企業などに勤務し主にその企業の社員などを対象にケアしていく形です。学校保健師はその名の通り勤務先は学校で、その学校に通う生徒や教員などの職員に対してケアしていきます。

保健師の仕事

保健師の仕事は大きくまとめると人が健康な生活を営む上で必要なケアや働きかけをするということですが、細かい仕事内容に関しては保健師の種類によって変わってきます。行政保健師の仕事内容は非常に多岐にわたります。

保健センターの場合、自治体などによっても若干違いはありますが、パパママ学級や健康増進教室などといった教室や、心身の健康や依存症に対する相談、様々な保健指導などを行う仕事です。保健所でも同様の仕事は行われていますが、地域の保健センターよりも専門性の高いケアを行う事が多いです。

2019年の年末から世界的に大流行した新型コロナウイルスに関する相談受付なども保健所の大きな仕事でした。産業保健師の仕事内容は行政保健師とは異なる点も多いです。近年、ニュースなどでも取り上げられることが多い過労問題やうつ病など、働く人のメンタルケアを行うのが産業保健師の大切な仕事となっています。

50人以上の従業員がいる事業所にはストレスチェックを行うことが義務付けられていますが、このストレスチェックを行うのが保健師なのです。個別の対応だけではなくストレスチェックの内容などをチェックし、会社側に労働者の不調などが生じやすい問題などがあれば改善のアドバイスをすることになります。

他にも、グローバルな活動をしている企業であれば、海外出張や長期滞在などに向け渡航前に必要な予防接種や現地の情報などをアドバイスするのも大切な仕事です。学校保健師の仕事内容は産業保健師に近いですが、ケアの対象が大学生や専門学校生といった若い生徒が多いのが特徴です。

思春期ならではの体や心の悩みを受け止めケアしなければなりません。時代の変化によって教師も生徒との接し方が変化し、ストレスを抱えてしまっているケースが多いのでそういったケアも大切な仕事です。よく勘違いしやすいのが保健室の先生と同じということです。

保健室の先生は養護教諭であり、保健師とは違う存在となっています。

米子市の保健師の求人

米子市における保健師の求人状況ですが、まず基本的な点として米子市に限らず保健師の求人は少ないということです。米子市の場合も、役場や保健センターなどにおける行政保健師が求人の中心となるでしょう。というのも、産業保健師で言えば常勤で保健師を雇っている企業は全国でもわずか10%も満たしていません。

都会が中心になりますので、米子市内で産業保健師の求人を見つけるのはかなり難しいでしょう。学校保健師に関しても、大学など保健師の求められる学校自体が少ないので難しいです。基本的に米子市で保健師として働くのであれば、行政保健師ということになりますが離職率が低いので毎年募集がかかるかどうかもわかりません。

米子市内で保健師として働くためには、ハローワークや自治体のオフィシャルサイトなどで求人が出ていないかをこまめにチェックすることが求められるでしょう。

産業保健師や学校保健師はさらに狭き門なので、より求人の情報には敏感にならなくてはなりません。

雇用形態や給料は?

米子市の保健師求人の雇用形態ですが、保健師は基本的に正規での雇用が多く80%ほどが正規雇用と言われています。米子市においても、正社員としての募集が多い傾向にあるでしょう。ただし、企業検診などに帯同する保健師などの場合や非常勤の学校保険業務などの場合はアルバイトやパートでの求人もあります。

検診の時期などだけ募集されることも多く、こういったケースでは未経験でも問題ないことも多いです。給料に関してですが、年収ベースでは300万円台から400万円台がボリュームゾーンとなっています。

看護師などと比べるとかなり低く感じるかもしれません。これは、看護師と違って保健師は夜勤がありませんので、どうしても低くなってしまうのです。しかし、行政保健師であれば基本的に公務員という形になりますので、安定した職場と言えるでしょう。

公務員であれば福利厚生も充実しているので、ワークライフバランスに優れた仕事と言うことが出来るのではないでしょうか。

こまめに求人をチェック

米子市で保健師として働くのであれば、基本的に役場や保健センターなど行政保健師として働くというのがメインとなります。しかし、保健師の求人はあまり多くなく、なかなか求人を見つけることは難しいかもしれません。

ハローワークや求人サイト、自治体のオフィシャルサイトなどをこまめにチェックして見つけることが必要です。